隔瞬刊「をいら」新館

ネタもなくなったし、をいらの日常晒すのもそろそろアレなので、今後はほとんど更新しないと思うよ。
カレンダ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
エントリ
カテゴリ
アーカイヴ
サイトサマリ
リンク


<< 47回目の給油 | トップページ | レンタルDVD >>
ふるふるを抑える
投稿日:2016.05.17 Tuesday | カテゴリー:車(NHP10)
※例の微振動とは関係ないよ♪

アクアは低級車なので、高級車なら当たり前な装備は、当たり前に省かれてるんである。
ステアリングシェイクダンパーは、ステアリングに伝わる振動を打ち消す働きをするモノ。ラバークッションでやんわりマウントされたウェートが、入力に対して遅延して動くことによって、振動が緩和されたりするってことらしい。実は、たいして高級ってわけでもない車種にも適用されてる装備なのだが、アクアには適用されてない。今更だけど、着けてみることにしてみたよ。

15日発注、16日発送、17日着荷。
エアバッグが誤作動しないように、電源を絶って20分くらい放置。エアバッグ外してシェイクダンパー着けてエアバッグ戻してって作業時間は5分程かいな。着いたよ。うん。着けてみた、よ。
なんとなく、段差の乗り越え後とか、補修だらけの路面の走行時とかでステアリングのプルプルが早く収束する様になった気もするけど、プラセボかなw
受動的に作用するモノであろうから、振幅が収まりやすくなる可能性があるのは理屈通りなのだろうけれど、純正ステアリングだったなら 明確な変化 が感じられたりするんだろうか?
(´・ω・`)
| comments(0) | trackbacks(0) |








“http://”が記述されたコメントは受け付けないようにしたYo!

http://area9.saka-q.com/trackback/1264753

このページの先頭へ